現場作業@風化花崗岩のり面20190810

風化花崗岩ののり面にて計測機器のメンテナンスを実施しました。

作業内容
1.子機設置高さの変更

下の写真にあるように子機の設置高さを変更しました。写真左は変更前、右は変更後です。子機内には斜面変位を計測する傾斜計が実装されています。風の影響を考えると子機は極力低い位置に設置した方がデータのバラツキは抑えられると考えられます。一方、無線の通信環境は一般に地面から高い方が良いとされています。今回2019年8月9日午前にこの子機の通信が停止しました。現時点でこれが通信環境の影響かどうかは確認出来ていませんが、すり鉢状の地形の底部に位置していること、SIGFOX基地局の位置が公開されていないことから、安全側に考えて子機の設置高さを現状よりも高く(+1m)することとしました。子機自体は電源を入れ直すことで復旧しました。これで様子を見たいと思います。

 >> 

 

投稿者: 小泉圭吾

役職:助教 出身:京都府 好きな石窟:敦煌莫高窟第57窟