合同実験@岡山大学

B4鈴井です。
9/23~25で実験のため岡山大学にお邪魔しました。

メインイベントはTDR(Time Dmain Reflectmetry)を用いて降雨時の水の浸潤具合および地下水位の位置を把握するシステム開発のための基礎実験です。

(1日目)
TDRの仕組みから,実験時に示すであろうデータの特徴まで,榊先生に丁寧にご指導いただきました。
なんとこの間に小松先生と小松研の学生さんたたちが、実験に使う土の下準備を始めてくださっていました…!本当にありがとうございます。

(2日目)
実験装置を作ります。
直径1m,高さ1mのプラスチック円筒に,含水比を6%程度に調整した土を詰める。それだけです。が、これがなかなかの重労働…。
約1.3tの土を含水比調整すること、それを運搬して詰めること、言葉にすると簡単ですが、それがどれだけ大変なことか…身をもって知りました。
大変な作業でしたが、小松先生の的確なご指示のもと、皆さんの多大なるご協力のおかげでなんとかこの日のうちに土を詰め終わることができました!

(3日目)
前日に作成した土槽に単管・ロッドを打ち込みます。
ロッドの長さを調節するための金属カッターから、ロッドの先端を薄く削る機械、単管内の土を吸い取る強力掃除機…と。
次から次へとプロ仕様の装置が出てきて終始驚きっぱなしでした…!

そうして無事完成した土槽がこちらです✨↓
 

そしてついに散水開始です。
開始時刻が16時を過ぎてしまい、新幹線の最終に間に合うことを諦めかけましたが、ことのほか順調に水が浸潤してくれ、無事にその日のうちに大阪に帰ることができました😂
きれいに土を詰めてくれた小松研B4の高塚くん&森くんのおかげです!

詳細な分析はまだですが、興味深いデータが得られました。これからの分析が楽しみです!
最後になりましたが、今回の実験でご尽力頂きました小松先生、榊先生、小泉先生、小松研の高塚くん、森くん、本当にありがとうございました。
滞在中にきめ細やかなおもてなしをしていただいた小松先生、実験を進める上で様々なお知恵をお貸しいただいた榊先生には特にお世話になりました。
今回の貴重な経験を存分に活かすことができるよう、これからがんばります😊

計測機器の設置@大阪

B4鈴井です。
10/2に大阪のとある現場に行ってきました。
参加メンバーは小泉先生、岩本さん、塚部さん、鈴井、古川。フルメンバーです💪

今回の作業内容は
1.地点4m、地点7.4mに土壌水分計および子機の設置
2.地点7.4mの子機付近に雨量計の設置
3.土壌水分計設置位置における不攪乱試料(コア)の採取
4.地点0m、地点2mにおける簡易貫入試験の実施
5.攪乱試料の採取(土のう袋2袋分)
6.設置した機器の周囲に安全ロープを張る
です。
ブログに記録しそびれてしまいましたが、地点4m、7m、8mにおける簡易貫入試験は以前の調査で実施済です。

〈コア採取〉
・地点4mでは深度20㎝・80㎝・100㎝の3深度で各2つずつ採取。

新しく導入した器具を使えば深度100cmのコアもラクラク採取できました♪

・地点7.4mでは深度20㎝で2つ採取。深度80㎝でのコア採取を試みたところ、かなり水を含んでいて採取不能であったため、採取場所を地点7.7m(40㎝和歌山側にずれた場所)に変更。深度60㎝でコアを3つ採取。

こちらは地点7.7m深度60㎝のコアを採取しているときの写真。写真ではわかりませんが、コアを採取した場所からじんわりと水が出ていました。

〈土壌水分計設置〉
・地点4mでは深度20㎝・80cm・100cmに設置。

・地点7.4mでは深度20㎝・60㎝・75㎝に設置。

〈完成図〉

全体像


地点4m子機


地点7.4m子機


雨量計

お昼は現場近くの中華料理屋さんに行きました。ボリューム満点で美味しかったです 😁
今回の設置位置は地下水位が高そうなので、今後どんなデータが得られるのか楽しみですね!

締固め試験@阪大

こんにちは、前回に引き続きB4 鈴井です。

先日の現場作業で採取してきた土を使って締固め試験の練習をしました。

今回の土ですが、乾燥した途端に腐ったような強烈な臭いを発してきました…。
臭いに耐えながらの実験です😂

ランマーを使って土を締め固める同じくB4の古川くん。締固めの要領をだいぶつかみました!(しっかりソーシャルディスタンス)

締め固めた土を使ってコアを採る練習もしてみようということだったのですが、想像以上に締め固まっていたので採土器を埋めるのが大変でした…。

写真は採土器の打ち込みで本領を発揮する塚部さんと、怖がる古川くんです。オンライン授業を終えたM1の岩本さんも様子を見に来てくれました😄

なんとか突き固め作業を5回終えたところで、途中からモールド+土の質量を計り忘れていたことに気が付きました…。乾燥密度が出せない…😭

結局、大がかりな作業をして含水比を計っただけ、という不甲斐ない結果に終わってしまったのでまたリベンジします!!

現場調査@兵庫

初めまして。四月に新しく配属されたB4の鈴井です。6月に入りようやく大学への登校が許可され、二か月遅れのスタートです😅

6月5日に兵庫県の現場に行ってきました!参加メンバーは小泉先生とB4鈴井と同じくB4古川です。
私たちB4にとってはもちろん、研究室としても初めて行く現場でした。

調査の内容
1.現場周辺の偵察
2.15mの測線を設定→約3mおきに簡易貫入試験。
3.不攪乱試料3個、攪乱試料1袋の採取。

少し見にくいですが、メジャーが測線です。
木が日光を遮ってくれていたおかげで、あまり暑さに苦しむことなく作業を進めることができました😊

不攪乱試料は深度20㎝くらいのものを採取しました。

初めての現場調査は何もかもが新鮮で、緊張もしましたがとても楽しかったです!
手際よく動けるようにこれから頑張っていきます💪