研究室紹介

当研究グループでは,近年の異常気象に伴う土砂災害に対する
予測と監視,予防技術に関する研究に取り組んでいます。

近年の豪雨による斜面崩壊は,突発的かつ局所的に発生することから,
その予兆を捉えることが難しく,毎年多くの人的被害が発生しています。

また,東南アジア諸国においては,毎年多くの地すべりが発生し,
それに伴う人的被害,経済的損失が大きな課題とされています。

そこで当研究グループでは,これらの問題を解決するための予測技術,
監視技術および予防技術に関する研究開発に取り組んでいます。

なお,本研究課題を遂行するために,産官学の研究ネットワークを構築しています。

連携機関
西日本高速道路学共同講座(2013-)
インドネシア科学院(LIPI) (2011-)

共同研究グループ
岡山大学 小松研究室