散水実験 @岡山大学

M2の山本です。

10月23日・24日の二日間、小泉先生と西村、私の3人で岡山大学の小松先生の研究室にお邪魔し、カラム模型を使った散水実験を実施しました!

今回の実験の目的は、平成30年7月豪雨の際にある斜面で観測された体積含水率(土中の水分量)の挙動を再現することです。

 

岡山大学に到着後、早速模型作り開始です!

小松先生の研究室の学生さんにも手伝ってもらい、土量の計量を行いながらドンドンと土をカラムに詰めていきます。

 

こちらが模型第一号。そしてさらに、、、

 

こちらが模型第二号!高さは1m超えです!

 

これらに散水し、実験を行いました。

結果は大成功とは行きませんでしたが、今回得られた課題を整理し、再び実験を行いたいと思います!

 

模型斜面実験 @高知

M2の山本です。

9月6日~7日の間、高知大学の笹原先生の研究室で実施された模型斜面実験に参加させていただきました。

 

こちらが実験風景↑
小泉研で使用しているOCMという画像センシング技術を用いて、地表面の挙動を計測しています。

模型は、私たちが普段使用しているものとほぼ同じ大きさですが、細かな工夫がされており、勉強になりました!

計測したデータを持ち帰り、今後解析を進めていきます!