現場作業@岡山大学20190604-5

岡山大学小松研究室の調査に同行し、半田山(岡大演習林)を訪問しました。

作業内容
1.簡易動的コーン貫入試験
2.土試料の採取
3.観測機器の設置

昨年の7月豪雨時に表層崩壊が発生した斜面の西側を対象に調査および観測機器の設置を行いました。下の写真は小松先生の指導の下、B4の尾家さんが初めての簡易動的コーン貫入試験にトライしている様子です。写真左はM2の岡崎君、記録を取ってくれているのは小松研の山本さんです。

土試料採取の様子です。飽和・不飽和透水試験等、各種物性試験のための不攪乱試料を多深度で採取しました。正確性、手際の良さは流石、小松先生です。色々ご指導ありがとうございました。

降雨による雨水浸透と斜面変形を捉えるための観測システム(地球観測㈱製)です。土中水分を測定するための土壌水分計は簡易動的コーン貫入試験結果を基に20cm,40cm,60cmに設置し、斜面変形を測定するための傾斜計はデータ収集機(白いケース)に内蔵されています。

これらのデータは10分毎に無線で基地局に送られ、3G回線を経由してWeb上でリアルタイムモニタリングできる仕組みとなっています。下の写真左側の白ケースが基地局、右の白い円筒は雨量計です。
Webによる観測システムや通信費用等は地球観測㈱の無償援助によるものです。

現場作業@安国寺20190508

安国寺です。今日は快晴の中、岡崎君、西村さん、塚部君と以下のメンテナンス作業を行いました。

作業内容
1.基地局、カメラの移設
2.棒状土壌水分計の設置

基地局を雨量計と同じ斜面上の平場に移設しました。理由は冬場の日照不足解消です。一番下の大きいパネルが基地局用です。4/12の写真と見比べて貰えばパネル数が増えているのがわかるかと思います。

これに合わせてカメラの画角も写真右のように変更しました。夏場の草刈りは必須ですが、斜面と子機の状況が良くわかる位置に設置できました。定期的に撮影されるこの画像を使ってちょっとした実験を計画しています。上手くいくはわかりませんが、準備が整えば報告したいと思います。

次に、棒状タイプの土壌水分計を斜面下部に設置しました。通常は4/19に報告したタイプの土壌水分センサを使っているのですが、設置の際に1mほど孔を掘る作業が発生します。今回試した棒状タイプも土を掘るのは同じなのですが、ワインのコルク抜きのようなスクリュータイプの道具を使って鉛直方向に細い孔を掘るだけなので随分と手間が省けます。ただし、短所もありまして必ずしもこちらが良いという訳ではなさそうです。詳細は学会等で報告しようと思います。

西村さん(左)が持っているのが棒状タイプの土壌水分計です。上が設置前、下が設置後の写真です。センサの抜き差しが容易な点と、多深度(6深度)で計測できる点が特長として挙げられます。

最後に設置の全景です。測線①の大掛かりなメンテナンス作業はこれで完了です。あとは草刈りや追加の実験等を兼ねて、さぼらず?現場を訪問する予定です。

 

現場作業@安国寺20190419

安国寺測線①のメンテナンスです。今回はB4の塚部君と二人です。尾家さんに続き塚部君も今回初めての現場でしたが、アメフトで鍛えた筋力を大いに活かしてくれました。

作業内容
1.土壌水分センサの交換
2.雨量計の交換

土壌水分計が故障した為に、中腹、下部のセンサ全て(3深度×2地点)を交換しました。故障の原因はまだ特定できていませんが、プローブと受感部の僅かな隙間からの水分浸透による基板損傷の可能性を疑っています。そこで、今回はこの隙間が塞がれるような加工を施しました。また、設置方法についても受感部内への水分浸透の影響を小さくするため、プローブの挿入角度を若干修正しました。

中腹(ID2→ID4に変更)
土壌水分計は深度方向に3深度設置することを基本としていて、中腹の初期の設置深度は60,80,120cmとしていましたが、20190419以降は20,80,100cmに変更しました。

 

下部(ID3)
設置深度を40,80,120cmから20,80,100cmに変更

 

雨量計については、目詰まりで度々計測できない状態が続いていた為、その影響を受けにくい雨量計に交換しました。これに合わせて設置高さも変更しました。本来は風の影響を小さくするために地面近くに設置することが好ましいとされていますが、目詰まりの要因である砂埃等の影響を極力避けるため地面から1.5m程度高さを設けました。一方、写真に写っている単管が雨量計の上空視界に入っているのが気になりますが、仰角は小さいのでそれ程影響しないかなあと考えています。
 

諸々の修正内容やその考え方については学会等で発表していきます。

なお、今回の土壌水分計の防水対策に関しては日本環境計測さんにご協力を頂きました。ここに記して謝意を表します。

 

現場作業@安国寺20190415

再び安国寺です。出勤前の早朝メンテに行ってきました。

作業内容
1.次回(4/19)メンテ作業の下準備
2.子機の動作確認

中腹に設置していた子機ID2の無線の調子がおかしいため、
上部に設置していた子機ID4と交換しました。
土壌水分計の故障もあり、上部の計測は一旦終了して中腹、下部で計測を継続しようと思います。

現場作業@安国寺20190412

久しぶりに、安国寺測線①のメンテナンスを行いました。

作用内容
1.子機用ソーラーパネルの移設&増設
2.雨量計の目詰まりメンテ
3.新しい土壌水分計の動作確認

今回のメンバーはM2岡崎君、B4尾家さんです。尾家さんは今回初めての現場調査でした。二人にはソーラーパネルの設置を担当して貰いましたが、事前の実験棟での下準備が功を奏したのか作業は順調に進みました。やはり段取りは重要ですね。岡崎君のサポートもありましたが、尾家さんの現場での動きは良かったですね。

昨年秋からメンテナンスをサボっていた事もあり、雨量計はご覧の通りです。
次週4/19に目詰まり対策を施した雨量計に交換予定です。

この研究は、地盤工学会関西支部の斜面災害のリスク低減に関する研究委員会(委員長:芥川先生)の一環です。

2018 Excellent Paper Award 受賞

Journal of Geoengineeringに掲載された論文が 2018年度優秀論文賞(台湾地盤工学会)の1つに選ばれました。

著者:小泉圭吾(大阪大学),櫻谷慶治(西日本高速道路),小田和広(大阪産業大学),小松満(岡山大学),伊藤真一(鹿児島大学)

この論文は表層崩壊を未然に予測するための模型斜面実験の一部を取り纏めたものです。関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

模型斜面実験part2@高知大学

2019年1月8日,高知大学の笹原研究室にて行われた模型斜面実験に同席させて頂きました。この実験は笹原先生が以前から先進的に進められている地下水位と変位の関係性を捉えることを目的としたものです。

  

こちらが実験風景↑前回の模型よりも大型です。

今回もOCMという画像センシング技術を用いた,散水による地表面変位の計測を担当しました。前回9月はM2の山本君,今回はM1の岡崎君の出番です。

笹原研究室で事前にセットされていた斜面中央にある変位計の左側にターゲットを設置し実験を行いました。特長は地表面変位を面的に捉えることができる点です。

前回は綺麗に変位を捉えることが出来ましたが果たして今回は??。早速大学へ戻って岡崎君が解析を始めています。

なお本研究は科研費・基盤B(A16H03154a,代表:笹原克夫)の支援を受けて行われました。ここに記して謝意を表します。

ハイウェイテクノフェア2018に出展しました。

2018年11月28日~29日に開催された東京ビックサイトでの展示会に出展し,当研究室学生,LIPI研究者らと研究成果(JSPS二国間交流事業・代表 小田和広)のPR活動を行いました。

左半分はインドネシア科学院(LIPI)が中心となって進めてきたIoT技術を使った地すべり監視システムとサイフォンの原理を応用した地すべり緩和技術(地下水位を下げる技術)。

右半分は大阪大学が中心となって進めてきた表層崩壊の予測と監視技術に関する紹介です。この研究は西日本高速道路株式会社と共同で進めてきた成果です。

展示会の最大の目的は如何に多くの来訪者に研究成果を知って貰えるかという点に尽きるのですが,これが実に難しい。先ずはブース前で足を止めて貰うための興味を惹きつける一言,次にそこからポスター,展示品の前に来て貰うための興味を掻き立てる一言,あとは如何に短時間で簡潔に研究成果をPRできるか,この3ステップをクリアしなければ成果の公表には至らないのですが,当研究室の4名の学生さんはそれぞれ独自のアプローチで見事に研究成果をPRしてくれました。

正確な人数は定かではありませんが,名刺を頂いた人数から推定すると各人20名近い方々に研究成果を説明できたのではないかと思われます。5分程度の時間に2~3名の方に質問を頂ける学会発表とはまた違った経験をすることができました。

末筆ながら,ご来訪頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。また,当研究でお世話になっております,大阪産業大学・教授の小田先生(元大阪大学),岡山大学・准教授の小松先生,どうもありがとうございました。

なお,出展にあたりJSPS二国間交流事業および西日本高速道路㈱にご支援を頂きました。ここに記して謝意を表します。